スマートフォン版へ

北九州記念

08/18(日) 小倉 芝1200 3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

netkeiba編集部の予想

コメント

※特別登録段階の予想ですので回避馬が含まれるケースがございます。あらかじめご了承ください。

 現在の条件で行われるようになって今年で14回を数えるが、過去13回のうち1番人気が勝利したのは1回のみ。また馬連は5回万馬券になっており、大荒れが珍しくないレースだ。今年も登録時点でフルゲートの混戦必至。馬券妙味ありきで考えるべきだろう。

1.軽めの斤量が優勢

 過去10年で、斤量51.5-53kgの馬が複勝率24.5%、53.5-55kgの馬が複勝率18.9%で、いずれも単・複回収率は100%を超えている。対して、斤量55.5-57kgは複勝率こそ17.1%だが、単勝回収率は24%、複勝回収率は79%にとどまる。

2.年齢別の成績

 過去10年の成績を年齢別で見てみると、4歳馬が複勝率35.7%と上々。特に牝馬に絞ると複勝率58.3%に上る。以下年齢が上がるにつれ複勝率は下がっており、若い馬を中心視するのが良さそうだ。なお3歳馬は複勝率20%とまずますだが、未だ勝利はない。

3.ハイペース必至

 小倉1200mはスタート直後から下り。他コースに比べペースが上がりやすく、オーバーペースになることも多々ある。故に、このレースにおいてもスピード一辺倒の先行馬はばててしまいがち。過去10年で馬券になった30頭中24頭は、前走4角通過順より着順の方が上だった。前走「垂れた」馬は今回も粘れない可能性が高い。

 アンヴァルは昨年10着に敗れているが、出来落ちの状態でかつ終始ちぐはぐな競馬だったので参考外で良い。昨年秋からきっちり立て直し、今年は時計の掛かる馬場で善戦を続けている。本来スピードを活かせる速い馬場の方が合っている馬なので、この条件で更に期待できるだろう。

 ディアンドル葵Sを勝ち5連勝。休み明けだったが、素軽さ十分な走りだった。これまで激流で揉まれたことがないので、その経験の浅さが出る可能性はあるが勢いは侮れない。4連勝中のミラアイトーンにも注目。差す競馬で安定しており、ここも条件に不足はない。

 ディープダイバー葵Sで4着も、末脚には見どころがあった。小倉1200mは脚質的に合っていそうで、ここは足りてもおかしくないシーン。以下、アイビスSDでは内枠が響いたが良く差してきていたダイメイプリンセス、やや時計が掛かるような展開になれば台頭できそうなシャドウノエル、衰えは感じられない昨年の覇者アレスバローズ

いいね!

いいね!:14