スマートフォン版へ

フェアリーS

01/12(土) 中山 芝1600 サラ3歳オープン (国際)牝(特指)別定

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 11
相手| 1, 3, 6, 13, 14, 16
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 11
2着 | 1
相手| 3, 6, 13, 14, 16
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 11
2着 | 16
相手| 1, 3, 6, 13, 14
30通り 各100円

コメント

【姉の能力を知っている】アクアミラビリスの将来性に注目。新馬戦は1000m通過が1分3秒8のスロー。前半遅かったぶん、走破タイムは1分37秒2止まりながら、11秒7-10秒6-11秒1(33秒4)というレースラップを33秒2でひと差し。ラスト2Fめに10秒6という、目に見える超高速ラップを具体的な数値として刻み込んだ。

 半姉のクイーンズリングは、M・デムーロとのコンビでエリザベス女王杯を奪取、有馬記念2着は記憶に新しい。父は異なりサイズも違うが、良血馬ならでは手応えをデビュー戦の上りで感じ取っている。

 対抗はフィリアプーラの決め手。半兄は朝日杯FSを勝ったアルフレード。父はシンボリクリスエスからハービンジャーにかわったが、骨格や肌艶、目つきなど兄と共通点も多い。ハミ受けや走法は独特、1000m通過・57秒7という前崩れの展開も味方したが、レースの上りを1秒3も上回るオニ脚で大外一気を決めた。1分34秒4という決着タイムも、かなり質が高い。

 割って入ればアマーティ。新馬戦の東京マイルでは上り33秒2を計測、続くサウジアラビアCも、レースをなげ出すことなく我慢強く1分34秒8・3着に踏ん張った。レーヴドカナロアは、ファンタジーSは北海道以来の久々、加えて輸送競馬。立ち遅れ、レースの流れに乗れず8着に終わったが、中間一段負荷の高い調教を消化できており、距離延長にも新味が期待できる。

 エフティイーリスの母は、新潟2歳Sの覇者、桜花賞オークス2着、幅広い距離に対応した。一戦ごとに体質も強くなっている。連穴はレディードリーのキャリア。

いいね!

いいね!:9