スマートフォン版へ

中山金杯

01/05(土) 中山 芝2000 サラ4歳上オープン (国際)[指定]ハンデ

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 3
相手| 2, 4, 6, 8, 12, 15
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 3
2着 | 2
相手| 4, 6, 8, 12, 15
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 3
2着 | 12
相手| 2, 4, 6, 8, 15
30通り 各100円

コメント

【一翼を担う】コズミックフォースは、強勢を言われる明け4歳世代の一翼を担う好素材。出世の起点は昨年1月のGIII・京成杯。中山2000mを2分1秒3という質の高いタイムで2着に急追し、東京2000mのプリンシパルSを、56キロの重量で、1分58秒2という好タイムで優勝。厳しいミドルラップで展開したダービーを、コンマ2秒差のあわやの3着に粘った。3000mの菊花賞は15着に沈没したが、10F仕様に馬体も調教の在り方も整備してきた。

 対抗はアドマイヤリード。気性が穏やかになってきたぶん、エンジンの掛かりが遅くなり、マイル路線はどうも忙しい。2017年のヴィクトリアマイル優勝以降結果を出せずにいたが、前走のディセンバーSは、56キロを背負い中山の急坂34秒4の末脚を繰り出し外一気。上り3F・11秒台のラップを3つ揃え、力の違いを見せつけると同時に、1800mに新たな道筋も見出した。前走のリズムをなぞれば自然と1F延長の2000mもクリアできる。

 割って入れば復調タイムフライヤー。2歳暮れのホープフルSは快勝したものの、そこに至るハードローテの影響か。3歳春は後肢の送り込みや身体が硬くなってしまった。しかし菊花賞は、闘志と柔らか味が戻り、折り合いを欠きながらも小差6着に見せ場を作った。叩き三戦、良績のある中山2000mに再びピークがきた。ステイフーリッシュも、菊花賞を助走にチャレンジCを3着に漸進。京都新聞杯を2分11秒0という好記録で先行勝ちを決めた頃の活力が戻りつつある。

 マウントゴールドチャレンジCを1分58秒8で2着入線、武豊のペース判断とテクニックを要警戒。右回りにまだ課題を残しているが、目下2連勝と勢いに乗るランガディアエアアンセムはタイトにインを攻めたい。

いいね!

いいね!:11