スマートフォン版へ

府中牝馬S

10/13(土) 東京 芝1800 サラ3歳上オープン (国際)牝(指定)別定

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 4
相手| 3, 6, 8, 9, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 10
相手| 3, 6, 8, 9, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 11
相手| 3, 6, 8, 9, 10
30通り 各100円

コメント

【新たな武器】ディアドラが盤石。3歳時は、オークス4着以降3連勝、秋は秋華賞を手に入れた。しかし、タフな大型牝馬も一年に10走もすれば疲労はたまる。エリザベス女王杯は12着に敗れたが、4歳となった今年は京都記念6着、世界の中距離の雄が集うドバイ・ターフは3着と好走。

 そこから4か月リフレッシュ期間を設け、前走のクイーンSは1000m通過・59秒1というミドルペースを後方待機、はかったように大外一気にゴボウ抜き。上り3ハロンは33秒7をマーク、1分46秒2という好記録を計測。瞬発力と時計という新たな武器を手に入れた。

 本格化した今は、決め手の生きる広々とした東京1800mが、たぶんベスト。夏場をひと叩きしたローテーションも、休み明けの馬たちよりは普通に有利になる。

 対抗はリスグラシュー。牡馬混合の安田記念はピークもすぎ伸び一息の8着に終わったが、阪神JF桜花賞秋華賞、そしてヴィクトリアマイルCなど、GI・2着4回歴のある実力派。東京コースでは立ち回りは自在、54キロという斤量もアドバンテージになる。

 三番手はミスパンテール。連勝記録は4で途切れたが、ヴィクトリアマイルは痛恨の出遅れ。緩い馬場に推進力を削がれたが、0秒3差なら巻き返し十分。馬体も一回り大きくなり、ハードなコース追いも数多く消化してきた。

 連下一番手はカワキタエンカの逃げ。ソウルスターリングは腰の力が戻りつつありオークスの状態に近づいてきた。ジュールポレールも9ハロンまでは守備範囲。

いいね!

いいね!:19