スマートフォン版へ

アルゼンチン共和国杯

11/03(日) 東京 芝2500 サラ3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

井内利彰の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
単勝 8 1点 5100円  4.6倍 
想定払戻:23,460円
3連単(フォーメーション)  1 | 8
2 | 7, 11, 15, 16, 18
3 | 6, 7, 11, 12, 14, 15, 16, 18
35通り 各100円
3連単(フォーメーション)  1 | 11, 15
2 | 8
3 | 6, 7, 11, 12, 14, 15, 16, 18
14通り 各100円

コメント

 過去9年と長いスパンで、アルゼンチン共和国杯を分析した時に見えてくる調教傾向は「追い切り本数」。競馬予想TV!で使用している調教チャートの「本数」の区分別に調べてみると、

【2】[0-2-2-20]  0%
【3】[2-1-2-43]  4%
【4】[3-4-3-29]  8%
【5】[4-2-2-30] 11%

 【3】が標準的な追い切り本数ですが、それ以上になると、勝率が上がっていきます。2500mという距離に対して、追い切り本数によるスタミナが必要なレース、そんな調教傾向が出ています。

 追い切り本数が多いというだけでは、本命の決め手とはならないので、最も勝率の高い【5】を最終追い切り場所別に分析。そうすると「栗東坂路」が[3-0-1-5]と該当数が多い中では、最も勝率の高い追い切り場所でした。

 ◎ムスカテールは【5】で最終追い切りが栗東坂路。昨年の同レース2着馬ですが、昨年の追い切り場所はCW。追い切り場所が変化したことはプラス材料ですし、今年は左回りになる「日曜DPコース」で追い切りを実行。もともと左回りの得意な馬ですが、それに磨きをかけるような追い切りを、10月20日、27日に行っています。

 そんな◎が負ける可能性は厩舎の勝負調教に該当した2頭。○デスペラード安達昭夫厩舎の勝負調教に該当し、最終追い切りも加減なしの速い追い切り時計。前走からの上積みは大きいでしょう。▲エックスマーク角居勝彦厩舎の勝負調教に該当。持ったまま先着する前向きさはスタミナが必要なこのレースではマイナスになる可能性もありますが、動きが抜群なのは確か。

 2着ありは、近走好走時と追い切り内容が変わらない、△ホッコーブレーヴ、△メイショウナルト、☆アドマイヤラクティ。△アスカクリチャン、△シゲルササグリ、△イケドラゴンは3着候補として面白い存在でしょう。

1.コスモラピュタ
今回:一杯平均坂路
前回:標準多め併用

2.トウカイトリック
今回:標準坂路
前回:標準多め坂路

3.ルルーシュ
今回:標準坂路
前回:馬ナリ平均トラック

4.ニューダイナスティ
今回:急仕上げ坂路
前回:標準坂路

5.サイモントルナーレ
今回:標準併用
前回:標準多めトラック

6.イケドラゴン
今回:標準多めトラック
前回:標準少め坂路

7.メイショウナルト
今回:馬ナリ平均併用
前回:標準併用

8.ムスカテール
今回:標準多め坂路主体
前回:標準併用

9.セイカプレスト
今回:標準トラック
前回:標準トラック

10.モズ
今回:標準坂路
前回:軽目トラック

11.デスペラード
今回:標準併用
前回:馬ナリ平均併用

12.アスカクリチャン
今回:標準多め坂路主体
前回:乗込坂路主体

13.コスモロビン
今回:標準少め坂路
前回:軽目トラック

14.シゲルササグリ
今回:標準坂路
前回:標準多め坂路

15.エックスマーク
今回:標準多め併用
前回:標準多め併用

16.アドマイヤラクティ
今回:標準多め併用
前回:標準多め併用

17.マイネルマーク
今回:標準トラック
前回:標準少めトラック

18.ホッコーブレーヴ
今回:馬ナリ平均トラック
前回:標準トラック

いいね!

いいね!:516