スマートフォン版へ

nigeの予想

11R

新春賞(A2)

1月10日(木) 15:40 浦和 ダ1400m
予想印
3ロードフォワード(2人気)
7シークロム(3人気)
4ハクサンベル(1人気)
12ドラゴンシュバリエ(11人気)
6ノースカルロス(6人気)
11バーンザワールド(7人気)
レース結果
着順 馬番 馬名 人気(単勝オッズ)
1 3 ロードフォワード 2人気(3.9倍)
2 4 ハクサンベル 1人気(3.5倍)
3 12 ドラゴンシュバリエ 11人気(48.8倍)
4 11 バーンザワールド 7人気(16.5倍)
5 1 スティレット 9人気(40.5倍)
6 9 ラズールリッキー 5人気(9.8倍)
7 8 ツィンクルソード 8人気(39.8倍)
8 6 ノースカルロス 6人気(11.8倍)
9 7 シークロム 3人気(4.5倍)
10 5 ジュンザワールド 4人気(6.8倍)
11 10 ニチドウリュンヌ 10人気(41.3倍)
12 2 グランフィデリオ 12人気(145倍)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
3連単(1着流し)
1着軸
3
相手
4671112
20通り 各400円 払い戻し 3-4-12:400円x290.9倍=116,360円
3連単(2着流し)
2着軸
3
相手
4671112
20通り 各100円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
116,360円 +106,360円

見解

条件が良化するので、前走の走りをそのまますれば結果は出る!

<展開>

このレースは、逃げが理想の馬が多く。
内から、スティレット、ノースカルロス、シークロム、ニチドウリュンヌの4頭が、逃げた時に結果が一番出せるタイプ。

この中では、スティレットが、この距離だとテンの脚が遅い。
残り3頭が前に行って、内のノースカルロスが抵抗するが、最終的にはスプリトン戦で逃げれるシークロムがハナ。
ノースカルロスが外に切り替えて、少し離れてニチドウリュンヌの隊列が濃厚。

その後ろから、ハクサンベル、ラズールリッキー、スティレット、ロードフォワードが追走。

1コーナーまでは間違いなく速いペースで進んで、共倒れはしたくないので1〜2コーナーで少し息が入るくらいのやや速いペースを想定。


<予想>

本命は、ロードフォワード

前走のゴールドCは、最内枠から出して行って、中団やや前の5番手から追走。
3コーナーからペースアップで少しずつ遅れだして、1.6秒差の8着。

速いペースだったのに、残り800〜600mの1Fだけ緩んだだけで、後半3F12.1 - 12.3 - 12.4。

キャプテンキングが強すぎたが、それを追いかけていた好位勢も好時計で走っていて、レースレベルが高すぎた。

この馬としては、2走前に勝ったレースよりいい時計で走っていて、内容は良化している。


今回は、重賞からA2格の自己条件に戻っての浦和1400m戦で、相手関係は楽になる。さらに、展開面で前に行きたい馬が多く、ペースが上がりそうで、内枠でロスなく走れる。
条件は、かなり良化。

前走と同じだけ走れば、勝てていい走りを見せているので期待する。



相手は、

ノースカルロスがどこまで競ってくるかが問題だが、3走前の内容から逃げることはできる。
近走の1400mで結果が出ていないが、コーナーで緩む大井外回りと川崎。
前に行って持続力で押し切る馬なので、浦和なら1400mでも対応できるシークロム

前走は、早めに先頭に押し出される形になったが、そのまま粘って頭差2着。
前に行きたい馬が多いので、差す競馬になるのは気になるが、取り消し明けを使って良化が期待できるハクサンベル

中央時代は、小回り1700mを前で粘っていたので、近走の川崎・大井外回りは合わない。
ペースが流れる浦和で、距離も1400mあれば一変あっていいドラゴンシュバリエ

枠的にしっかり出して行って、外に切り替えられるかが重要。
2番手から追走できれば、そのまま粘って馬券圏内の可能性があるノースカルロス

休み明けがいい馬なので、4戦目だと微妙。
ただ、早くなる展開と浦和1400mの条件はいいので不気味さあるバーンザワールド

まで。