スマートフォン版へ

小田哲也の予想

11R

共同通信杯

2月16日(日) 15:45 東京 芝1800m
予想印
6ダーリントンホール(3人気)
8マイラプソディ(1人気)
7フィリオアレグロ(2人気)
3ココロノトウダイ(5人気)
2ビターエンダー(4人気)
レース結果
着順 馬番 馬名 人気(単勝オッズ)
1 6 ダーリントンホール 3人気(6倍)
2 2 ビターエンダー 4人気(14.1倍)
3 7 フィリオアレグロ 2人気(4.6倍)
4 8 マイラプソディ 1人気(1.5倍)
5 3 ココロノトウダイ 5人気(14.6倍)
6 4 シングンバズーカ 7人気(32.5倍)
7 1 エン 6人気(25倍)
8 9 シコウ 8人気(217.5倍)
9 5 アジュバント 9人気(258.1倍)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連(流し)
6
相手
2378
4通り 各1,000円 払い戻し 2-6:1,000円x25.8倍=25,800円
3連単(1着流し)
1着軸
6
相手
2378
12通り 各500円 払い戻し 6-2-7:500円x166.0倍=83,000円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
108,800円 +98,800円

見解

これだけ雨が降ると安泰とは…

東京は1Rから雨が降り続け、1R時点で既に「稍重」。11Rの頃には重、不良まで悪化する可能性もある。こうなると、断然人気マイラプソディも安泰とは言えなくなってきた。これまでの3戦、一番強いパフォーマンスを演じた昨秋の野路菊S(1着)で上がり3F33秒4。切れがある分、馬場渋化は必ずしも好材料とは言えない。前走・京都2歳Sで退けたミヤマザクラは土曜のクイーンCは「辛勝」(意見は分かれるところだが…)に見えた。初の関東遠征でもあり、オッズほどの信頼感は?
 ◎ダーリントンホール。札幌2歳S(3着)は内で詰まった分の惜敗。前走・葉牡丹賞(3着)は先行馬断然有利の開幕週で4コーナーで外を回る正攻法。決して得意とは思えない高速決着で、自身は「1分59秒1」で乗り切り、悲観する内容ではなかった。英ダービー馬ニューアプローチを父に持ち、520キロを超す馬格からも馬場渋化はプラス。鞍上ルメールなら、思い切っての先行策も? 差しにくい馬場を味方に先行押し切りが波乱のシナリオ。
 2番人気フィリオアレグロはサトノクラウンの半弟。兄は道悪巧者だったが、父がディープに替わって、字面ほど道悪がいいかは半信半疑。
総合派
  • 小田哲也
  • 売れ筋No.42
  • 回収率TOP52
売り上げ
42
回収率
65%
的中率
20%