スマートフォン版へ

日経新春杯

01/14(日) 京都 芝2400 サラ4歳上オープン (国際)[指定]ハンデ

丹下日出夫の予想

◎ 2番 ロードヴァンドール
○ 8番 ミッキーロケット
▲ 7番 パフォーマプロミス
☆ 10番 ソールインパクト
△ 1番 サンタフェチーフ
△ 3番 モンドインテロ
△ 11番 ベルーフ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 2
相手| 1, 3, 7, 8, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 2
2着 | 8
相手| 1, 3, 7, 10, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 2
2着 | 7
相手| 1, 3, 8, 10, 11
30通り 各100円

コメント

【意思をもって逃げる】ロードヴァンドールの逃げ切りを見守る。オープン到達までのステップは緩やか。しかし昨年は2月の小倉大賞典4着に入線、GIIの金鯱賞を2着に踏ん張り、暮れの中日新聞杯も0秒3差の3着に粘り込んでいる。

 強烈な印象を与える逃げ馬ではないが、日経新春杯はハンデ戦。過去10年で二度伏兵馬が勝っているように、人気薄を逆手にとっての展開予想が組める。横山典ならではの熟練の技も期待したい。

 ミッキーロケットの地力が厚め。前年から2・5キロ増になるが、2000mの中日新聞杯も57・5キロの重量で最後グイと2着に頭角を現してきた。京都の2400mにかわればもっときわどい勝負に持ち込める。

 まだ完成に一歩手前ながら、パフォーマプロミスは11戦のキャリアで5勝をマーク。中山の2500mの時計は優劣を述べるのが難しいコースではあるが、2分34秒1という時計は有馬記念と0秒5差だった。

 ソールインパクトは、京都コースは[0201]。アルゼンチン共和国杯53キロにも恵まれたが、後半1000mのラップは厳しい11秒台の連続ラップを踏み2着に奮闘した。

 57キロの重量は恵まれたとはいえないものの、昨年の3着馬モンドインテロは、チャレンジCはあわやという見せ場を作り4着と好走。格上挑戦になるが、サンタフェチーフの上りラップはオープン級。

いいね!

いいね!:63