スマートフォン版へ

2歳新馬

07/08(日) 中京 芝2000 混[指定]

丹下日出夫の予想

◎ 9番 トーセンカンビーナ
○ 3番 ダノンチェイサー
▲ 10番 ブラヴァス
☆ 7番 コパノケネディー
△ 2番 カテドラル
△ 8番 オールイズウェル

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 9
相手| 2, 3, 7, 8, 10
10通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 9
2着 | 3
相手| 2, 7, 8, 10
24通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 9
2着 | 10
相手| 2, 3, 7, 8
24通り 各100円

コメント

【スケール展望】新馬戦ならごく普通に、◎が打てる馬が何頭もいるが、絞れば3頭。スケールと将来を展望するなら、本命はトーセンカンビーナ。母はアイルランド2勝、北米にわたりGI・アメリカンオークス(芝10F)など4勝。

 一番仔のカンカンガール(父ExchangeRate)は中央1戦(未勝利)。二番仔の現3歳カーロバンビーナ(父ディープインパクト)は[0113]。400キロ前後の軽量ゆえ、あとひと押し足りず未勝利脱出に手間取っているが、しかし全弟は、姉を一回り膨らまし四肢が頑丈。踏み込みは深くスムーズ、重量感を感じさせながら、ディープの軽さも兼備。CWで、内中外と併せ馬で負荷をかけ、最終は坂路でサラリと流せるくらい、余裕をもって仕上がった。

 対抗はダノンチェイサー。母サミターはGIII含む英2勝、愛1000ギニー(芝8F)、北米GI・ガーデンシティS(芝9F)勝ちなど、世界を股にかけてGIを奪取した名牝。CWの追い切りも、11秒4-5で二週にわたってフィニッシュ。いや、これは切れる。だが、くるんと丸い首差し、前脚が短めで造りはマイラー? 2000mチョイスがどう出るか。

 ヴィルシーナの長男ブラヴァスは、一応の時計は出た。ただ、まだ身のこなしが硬い。それでもCWで11秒台が出せる。いきなり勝ち負けできるのなら、血統通りクラシック一直線の主役候補になる。3頭のお手並みとレースっぷりをまずは拝見。

 コパノケネディーも、並みの新馬なら、アッサリ勝てるくらいの調教タイムが出ている。オールイズウェル、カテドラルも、次走は重い印になるだろう。

いいね!

いいね!:4