スマートフォン版へ

レインボーS

09/15(土) 中山 芝2000 サラ3歳上1600万下 混(特指)定量

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 12
相手| 1, 2, 4, 6, 9, 10
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 4
相手| 1, 2, 6, 9, 10
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 6
相手| 1, 2, 4, 9, 10
30通り 各100円

コメント

【精度が高い】アッフィラートの動き軽快。マイルから1800mの番組なら、折り合って隙のないレースプランを完遂できていたが、さて距離2000mとなるとどうか。前走の佐渡Sは、メンバー強化も込みで試金石となる一戦だったか。

 しかしレース内容を精査してみると、前半1000m通過は57秒7のミドルペース。マイル通過は1分33秒3-1800m通過が1分44秒7というタフな道中に加え、ラスト4Fの上りラップはすべて11秒台で推移。そして優勝タイムは1分56秒6(自身は1分57秒0の3着)。開幕週の速い馬場を考慮しても記録内容は相当高く、牡馬混合の10F戦にも目途が立った。叩き二戦、今夏の輝きをさらに強くしている。

 シャルドネゴールドとの差し比べが第一本線。中山2000mの葉牡丹賞では後の皐月賞3着馬とハナ差2着の好戦歴があり、GII・京都新聞杯を2分11秒3という好タイムで3着に追い込んだ。エンジンが吹きあがるまでに多少時間がかかるが、前走の中京戦をみるとその課題も徐々に解消しつつある。

 リズムよくコーナーを回ればアウトライアーズも首位争い。思うように体を作れず低迷期もあったが、スプリングS2着馬。時計は平凡ながら、豪快に外一気を決めた松島特別に、復調気配がしっかりうかがえた。

 中山は初コースになるが、サトノグランは二走前東京2000mを1分57秒9という快時計で一気差し。昇級のジューンSは稍重で33秒2という鋭い脚を使った。

 レッドローゼスは、中山は【2320】と崩れがない。ギブアンドテイクのしぶとさ、トレクァルティスタの大駈けを連穴に一考。

いいね!

いいね!:0