スマートフォン版へ

京成杯AH

09/09(日) 中山 芝1600 サラ3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 10
相手| 2, 5, 6, 9, 14, 15
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 10
2着 | 2
相手| 5, 6, 9, 14, 15
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 15
相手| 2, 5, 6, 9, 14
30通り 各100円

コメント

【颯爽】ミッキーグローリーはGIも目指せるポテンシャルの持ち主。長期ブランクもありオープン到達は5歳秋になってしまったが、母メリッサ北九州記念優勝等を含む、快速でならした6勝馬。自身の全成績もまだ【5131】と、きれいな状態にあり内容も秀逸。

 三走前の12月の中山マイルは有無をいわさぬ外一気、むらさき賞はラスト4F目から11秒台を計測、上り33秒7で1分45秒4というオープンレベルの好タイムをマークした。前走の阿武隈Sは余力残しで快勝したが、流れの速い重賞のマイルは折り合いも楽になり、切れ味にも磨きがかかる。中間の坂路調教で自己最速時計をマーク、55キロなら重賞超えも十分。

 ロジクライとの凌ぎあいが第一本線。GIII・シンザン記念勝ちもある、まだ成長の余地を残す4歳馬。中京記念は1000m通過・57秒0という澱みのないHペースを好位から一旦先頭。2着に敗れたものの、レース内容は一番といっていい。

 三番手はベステンダンクの前残り。障害帰り後いきなり、1分31秒9で駈けた米子Sにはみんなびっくり。ただしラスト3Fのレースラップは10秒9-11秒3-12秒1、肉を切らせて骨を断つ逃げ足はお見事。

 ヤングマンパワーは、関屋記念を見せ場たっぷりに4着と好走、6歳秋も身体は黒光りしている。同レース5着のロードクエストは2016年の勝ち馬、前走で復調気配が見えた。トリッキーな中山マイルでも、脚の使いどころ次第でワントゥワンは関屋2着の再現がある。

いいね!

いいね!:17