スマートフォン版へ

中山牝馬S

03/10(土) 中山 芝1800 サラ4歳上オープン (国際)牝[指定]ハンデ

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 14
相手| 1, 3, 4, 6, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 14
2着 | 4
相手| 1, 3, 6, 10, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 14
2着 | 10
相手| 1, 3, 4, 6, 11
30通り 各100円

コメント

【鋭い逃げ】単騎マイペースならカワキタエンカは相当にしぶとい。ペースを先導する逃げ馬ゆえ、他馬の目標となりやすく、流れが厳しくなりやすい大舞台では馬群にのみ込まれることも多い。ただ、スンナリ先手を取った時の上りは格別。例えば2勝目の阪神1800m・君子蘭特別の上がりラップは11秒6-10秒8-11秒7。新潟の三面川特別2着時の上りは33秒9。そしてローズSは1000m通過・58秒6-マイル通過・1分33秒5というタフなペースを自らが構築し、1分45秒7という好タイムで2着に踏ん張っている。初コースになるが、中山1800mはコーナーが来るたびラップが落ち着き息が入りやすい。53キロのハンデも含め狙うとすれば今回だろう。

 対抗はここが引退レースとなるマキシマムドパリ。GI・秋華賞3着、エリザベス女王杯4着や、GIII・マーメイドS優勝など、長く牝馬重賞戦線で掲示板に顔をのぞかせてきた実力馬。56キロと小回りが少し微妙だが、前走の愛知杯もきわどい3着に追い上げている。

 愛知杯から1キロ斤量は増えるが、レイホーロマンスの末脚は目を引いた。兄のスズカデヴィアスは6歳になってオープン入りした晩成系。なるほど妹も420キロに増加、この中間栗東CWで長めからビッシリと追い切れており、目下の充実振りが調教タイムからも読み取れる。

 フロンテアクイーンは、夏の長岡特別以降【0310】という良績続き。ゴール前ふわっと頭が上がるパターンを繰り返しているが、470キロでGIIIのターコイズSを2着に競り合った。末脚勝負の乱打戦になればワンブレスアウェイ、連れてバンゴールがG前強襲。

いいね!

いいね!:83