スマートフォン版へ

ニューイヤーS

01/14(日) 中山 芝1600 サラ4歳上オープン (国際)[指定]別定

丹下日出夫の予想

◎ 6番 ダノンプラチナ
○ 10番 アデイインザライフ
▲ 2番 オートクレール
☆ 4番 ボーダーオブライフ
△ 3番 シュウジ
△ 8番 ペイシャフェリス

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 6
相手| 2, 3, 4, 8, 10
10通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 10
相手| 2, 3, 4, 8
24通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 2
相手| 3, 4, 8, 10
24通り 各100円

コメント

【輝きは失せず】幾度記したか覚えがなくなったが、ダノンプラチナは2014年の朝日杯FSの覇者。古馬となっても、富士Sを1分32秒7・上り32秒8で一気差し。GI級の資質は誰もが知っている。機会は少ないものの、中山マイルも[0010]。懸案の脚元も完治はしないものの小康状態。キャピタルSの体は、細くもなく太くもなく、その前のシルエットよりはいい。12月半ばから、きちんと追い日を守り調教もできており、トラブルさえなければ好レース必至。

 能力ならアデイインザライフもGI級。新潟記念・上り32秒7で、ポテンシャルの高さを改めて確認できた。1年4か月振りの実戦に加え、58キロを背負うが、手ごろな相手関係と、この頭数なら、そっと外を回しても間に合う。とはいっても、やはり久々は不利。

 当コースに1分32秒5という連対実績があるオートクレールの前残り。

 鷹巣山特別で上り32秒9をマークした4歳馬ボーダーオブライフ。ペイシャフェリスは、ここは単騎逃げ濃厚。折り合えば、もちろんシュウジ。

いいね!

いいね!:25