スマートフォン版へ

初春S

01/14(日) 中山 ダ1200 サラ4歳上1600万下 混[指定]ハンデ

丹下日出夫の予想

◎ 16番 レレマーマ
○ 3番 アディラート
▲ 14番 リンガスウーノ
☆ 8番 サザンボルケーノ
△ 4番 メイショウツレヅレ
△ 11番 スズカグラーテ
△ 15番 プレシャスエース

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 16
相手| 3, 4, 8, 11, 14, 15
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 3
相手| 4, 8, 11, 14, 15
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 14
相手| 3, 4, 8, 11, 15
30通り 各100円

コメント

【6Fダートで開花】レレマーマが本調子。2歳11月の新馬・東京1600ダートをぶっちぎったときは、即重賞も視界に入った逸材。なるほど、兄姉はウリウリ、そしてマカヒキ。紆余曲折を経て、最終的な落としどころはダートの短距離となったが、前走の1分10秒8は、一週前のカペラSを0秒2上回る好記録。後続に0秒6差の独走を思えば、昇級もスイスイだろう。

 対抗はアディラート。なんだか嫌な予感がしていたが、三河Sは発馬で後手。ブリンカーを装着してやっと、走る気を出した馬だけに、手ごたえはあるようには見えても、直線半ばでレースをなげだしてしまった。ただ、先頭に立つのにワンアクションを要したものの、二走前は2着には0秒7差、良馬場で1分22秒9。迷いなくシンプルに行けば、1200ダートでも自然と結果はついてくる。

 リンガスウーノは、アクアラインS2着で現級に手ごたえ。

 同3着のサザンボルケーノも小差。乱戦になればメイショウツレヅレの強襲。スローなら一転、プレシャスエースの前残りが怖い。

いいね!

いいね!:0