スマートフォン版へ

菜の花賞

01/13(土) 中山 芝1600 サラ3歳500万下 牝(特指)馬齢

丹下日出夫の予想

◎ 2番 オハナ
○ 3番 ミスマンマミーア
▲ 4番 ラソワドール
☆ 12番 レッドシャーロット
△ 1番 ナスノカツラ
△ 6番 ダンツクレイオー
△ 11番 リープフラウミルヒ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 2
相手| 1, 3, 4, 6, 11, 12
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 2
2着 | 3
相手| 1, 4, 6, 11, 12
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 2
2着 | 4
相手| 1, 3, 6, 11, 12
30通り 各100円

コメント

【非凡な瞬発力】薄く小作りな馬体に課題も抱えているが、オハナの瞬発力はちょっと桁が違う。新馬戦の馬場は重、1000m通過は1分6秒5の超スローで展開。ラスト3Fは12秒2-11秒1-11秒0(3Fは34秒3)と、正味2Fの直線勝負となったが、自身のソレは33秒6。ポジションから計測するとラスト2Fは推定10秒台の出色の加速ラップをマークしている。

 祖母ノースフライトは安田記念、マイルCSなど8勝を挙げた名牝。現競馬シーンを牽引するディープインパクト×キングカメハメハ配合。全姉のハナレイムーン(現3勝)同様、412キロと軽量だが、500万は多少不安があったとしても力でクリア可能。

 次位にはミスマンマミーアのキャリアを抜擢。ハードローテで馬体が寂しくなっているが、中距離で中途半端に正直な競馬をするよりは、マイルに距離を短縮し、爆発力にかける作戦があっている。重馬場だけに時計は平凡だが、ラソワドールは上り34秒2で中山の急坂を一気差し。

 馬体回復が条件になるが、レッドシャーロットは二走前のりんどう賞を1分21秒8・上り33秒8をマークしている。ナスノカツラの二戦の時計はまずまず。リープフラウミルヒの逃げが押さえ。

いいね!

いいね!:25