スマートフォン版へ

デイリー杯クイーンC

02/12(月) 東京 芝1600 サラ3歳オープン (国際)牝(特指)別定

丹下日出夫の予想

◎ 10番 マウレア
○ 14番 オハナ
▲ 12番 レッドベルローズ
☆ 9番 アルーシャ
△ 1番 ナラトゥリス
△ 6番 テトラドラクマ
△ 13番 ツヅミモン

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 10
相手| 1, 6, 9, 12, 13, 14
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 14
相手| 1, 6, 9, 12, 13
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 12
相手| 1, 6, 9, 13, 14
30通り 各100円

コメント

【ディープ祭り】マウレアは桜花賞馬アユサンの全妹。姉と比べると一回り小ぶりだが、追い込み一辺倒だった姉とは違い、身のこなしは素軽く、そのぶん機動力はアップ。新馬戦の東京マイルは、11秒7-11秒3-11秒5(3Fは34秒5)というレースの上りを、自身34秒1で一気差し。

 続く赤松賞は緩ペースに苦しみながらも、11秒7-11秒1-11秒2(3Fは34秒0)という上りを33秒5で、図太く馬群を割って抜け出してきた。阪神JFは関西へ遠征しても4キロ減、パドックでテンションも上がらず。11秒9-11秒0-11秒5(3Fは34秒4)というレースラップを、進もうとしたりやめたり、きょろきょろと遊びながら上り33秒9で3着に入線。ゴール前もうひと伸びできる余力を感じた。クイーンCに向け、南Wで負荷の高い6F追いも消化できており、ここ目標に出走態勢は万全。

 同じディープインパクト産駒オハナとの決め手比べが第一本線。新馬戦の馬場は重、1000m通過は1分6秒5の超スローで展開。ラスト3Fは12秒2-11秒1-11秒0(3Fは34秒3)と、正味2Fの直線勝負となったが、自身のソレは33秒6。ポジションから計測すると、あの重馬場でラスト2F・推定10秒台の出色の加速ラップをマークしている。

 祖母ノースフライトは安田記念、マイルCSなど8勝を挙げた名牝、現競馬シーンを牽引するディープインパクト×キングカメハメハ配合。全姉のハナレイムーン(現3勝)同様、412キロと軽量ゆえ、菜の花賞はラップ・記録内容を落としてしまったが、アフターケアーには成功。新馬戦の瞬発力を能力の基本に置きたい。

 フェアリーS3着馬レッドベルローズも、前記2頭ときわめて共通点の多いディープの娘。祖母は北米GII優勝、母の姉インランジェリーはGIを含め北米重賞3勝。母は9戦未勝利で繁殖に上がったが、一番仔の本馬は新馬勝ち。スローの上り決着とはいえ、11秒8-11秒2-11秒1(3Fは34秒1)というレースの上りを33秒5で強襲(ゴール前2F・推定10秒台を連発)。まだ腰や胸の線が細く、中山マイルのフェアリーSは、出足がつかず小回りにも戸惑ったが、ワンターンの東京1600mならエンジン全開。

 アルーシャも、東京マイルの新馬戦で上り33秒5を計時したディープ産駒、母は北米GI・2勝、手綱を預かるのはルメールです。フェアリーSは使い詰めの蓄積疲労か。引っかかり末を甘くしてしまったが、テトラドラクマは二走前当コースを1分33秒9で圧勝。ツヅミモンは、見るからに仕上げ途上の重め残りでも、シンザン記念を2着に踏ん張った540キロの巨女。母カタマチボタンはクイーンC2着、桜花賞3着に頑張ったっけ。ナラトゥリスは、赤松賞は最速の上りで本命馬に0秒1差に迫った。

いいね!

いいね!:4