スマートフォン版へ

初音S

02/11(日) 東京 芝1800 サラ4歳上1600万下 混牝[指定]定量

丹下日出夫の予想

◎ 16番 ハナレイムーン
○ 8番 ミリッサ
▲ 5番 サンティール
☆ 7番 インヘリットデール
△ 2番 アンドリエッテ
△ 12番 ヒストリア
△ 13番 ペイドメルヴェイユ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 16
相手| 2, 5, 7, 8, 12, 13
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 8
相手| 2, 5, 7, 12, 13
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 5
相手| 2, 7, 8, 12, 13
30通り 各100円

コメント

【資質拮抗】ごく近い将来、牝馬重賞も狙える好素材が4,5頭ばかりいるが、中でも注目したいのがハナレイムーン。東京マイルの新馬戦を上り33秒7で突き抜けた、名牝ノースフライトの孫。細身の牝馬ゆえ、体重や体調とにらめっこしながら基盤を強化してきたが、二走前は中山の急坂を上り33秒8でスパリ。前走も11秒2-10秒9-11秒3(3Fは33秒4)という超高速レースラップを上り33秒0で悠々の差し切り。進化の度合いを目に見える10秒台の数値で示している。最終追い切りでは、ミナリクが跨り意思疎通を確認した。

 対抗はミリッサ。兄アダムスピークはラジオNIKKEI杯優勝。姉リラヴァティはマーメイドS勝ち、シンハライトはオークス馬という良族。父がダイワメジャーとなり、ややマイラー色が濃くなったが、なるほど中京マイルを1分32秒7でレコ勝ち。大勢が決したあととはいえ、ローズS・上り33秒8の4着は、印象に残る末脚だった。秋華賞の敗因は、道悪に加え距離2000m。本年緒戦の新春Sは典型的なスロー、反応が遅れ0秒1差に敗れたが、この中間からCWコースの追い切りを取り入れ、東京9Fの差し馬へと体質強化を図ってきた。

 サンティールは、前走のオリエンタル賞は、ラスト4F・11秒7-11秒5-11秒6-11秒8というタフで速い高速ラップを、余裕で1分46秒8にまとめた。インヘリットデールの、ジングルベル賞のレースラップは11秒6-11秒3-11秒5(3Fは34秒4)。そこをゴール前推定10秒台、上り33秒8で突き抜けた。

 ヒストリアも東京1800mを連勝、上りラップの精度は走るたび上がっている。ペイドメルヴェイユも阪神2000mを力強く1分59秒8で勝ち上がった。

いいね!

いいね!:0