スマートフォン版へ

七夕賞

07/08(日) 福島 芝2000 サラ3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

丹下日出夫の予想

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 6
相手| 1, 2, 3, 7, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 3
相手| 1, 2, 7, 10, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 2
相手| 1, 3, 7, 10, 11
30通り 各100円

コメント

【スッと反応する】サーブルオールが本格化を迎えようとしている。若馬時代は馬体も薄く、使うと馬体がガレ、テンションが高くなってしまう。慎重に折り合いや距離適性を探り、成長を見守ってきたが、転機となったのは三走前の東京1800mですか。5F通過・59秒5のミドル、11秒7-11秒7-11秒8(3Fは35秒2)というレースラップを、坂下から並ぶ間もなく一気差し。上りは33秒8、1分46秒9で、ごく近い将来のオープンを予感させた。

 準オープンの美浦S、中山の急坂も勢いよく1分59秒9で登坂。続くGIII・エプソムCは小差の4着。跳びが大きくきれいなため、重馬場に脚をとられるシーンがありながらも、中から脚を伸ばし首位争いの見せ場を作った。スイッチを入れれば反応は敏感、戸崎とのマッチング、平坦の福島2000m・七夕賞のイメージも描きやすい。

 対抗はマイネルフロスト。昨年の5-7月期、七夕賞2着も含め[0210]。夏は芦毛の格言通り、平坦と暑さにめっぽう強い。今季の始動戦・エプソムCは、苦手の道悪が影響。頭を上げ完歩が小さくなり9着に敗れてしまったが、良馬場なら一変十分。57キロの連対実績も豊富だ。

 一角崩しがあればキンショーユキヒメマーメイドSは、インコース・先行有利の、特殊な速い馬場に泣いたが、二走前の福島牝馬Sのレース内容をみると、当コースでは力でマクって行っても、直線もう一段ギアがある。適度に湿り気を帯びた、パワー馬場もいい。

 レイホーロマンスは、マーメイドSは内を突くか外に持ち出すか、勝負どころの判断が中途半端だった。ハンデは51キロに軽減、直線勝負と腹をくくればゴール寸前の強襲に持ち込めるかもしれない。

 福島適性の高いワンブレスアウェイは、マーメイドS2着時のようにスタートを決め好位で脚をためたい。単騎逃げ、57キロなら、マイネルミラノは、まだまだ怖い。

いいね!

いいね!:21