スマートフォン版へ

マリーンS

07/08(日) 函館 ダ1700 サラ3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

丹下日出夫の予想

◎ 10番 ユラノト
○ 12番 ハイランドピーク
▲ 13番 サンライズメジャー
☆ 9番 ストロングバローズ
△ 2番 リーゼントロック
△ 4番 ディアデルレイ
△ 14番 タガノエスプレッソ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 10
相手| 2, 4, 9, 12, 13, 14
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 10
2着 | 12
相手| 2, 4, 9, 13, 14
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 13
相手| 2, 4, 9, 12, 14
30通り 各100円

コメント

【予定通り】ユラノトは、もっと強くなる。前走の麦秋Sは前半1000m通過・59秒7というミドルラップを折りあって中団。上り3Fのレースラップは12秒2-12秒0-12秒2(36秒4)、対する自身の上りは35秒8。ゴール前グイとひと伸び、走破時計は1分23秒9。一週前に同じ東京7Fで行われたオープン・欅Sの決着タイムは1分23秒8とあれば、オープンに昇級しても見劣りなし。

 中央場所の7Fダートの戦績と記録は、夏のローカル1700ダートに結び付くケースが多く、紐解けば自身の未勝利・500万勝ちは札幌の1700ダート。マリーンSチョイスは、前走後すぐに頭に浮かんできたか。

 対抗のハイランドピークも、マーチSで一度9着(出遅れ)と躓いたが、降級の灘Sですぐに反撃。ピーキーなタイプだけに、滞在競馬は好材料。ハナを叩けば、1700ダートもコーナーごとに後続を置いていける。8歳にしてのダート転向ながら、サンライズメジャーは、かきつばた3着に続き、アハルテケSを1分35秒4で堂々2着に競り合った。

 ストロングバローズは、大沼Sは、ええっという重め。それで4着なら、叩いてもうひと伸び。大沼S優勝馬リーゼントロックは、56キロ据え置きでラッキー。ディアデルレイは、滞在で激変はないものか。

いいね!

いいね!:4