スマートフォン版へ

小倉記念

08/06(日) 小倉 芝2000 サラ3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

丹下日出夫の予想

◎ 10番 ストロングタイタン
○ 8番 サンマルティン
▲ 13番 バンドワゴン
☆ 3番 ヴォージュ
△ 2番 タツゴウゲキ
△ 5番 フェルメッツァ
△ 6番 ベルーフ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 10
相手| 2, 3, 5, 6, 8, 13
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 8
相手| 2, 3, 5, 6, 13
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 10
2着 | 13
相手| 2, 3, 5, 6, 8
30通り 各100円

コメント

【夏はストロング】ストロングタイタンは、この季節は馬体の肌艶が一変する典型的な夏馬。京都2000mの1分58秒6という時計も、記録的な論拠となるが、前走のマレーシアCも、残り4F・11秒6-11秒5-11秒7-11秒9という上がり勝負を、落鉄しながらもグイとひと押し。1分58秒3のレコードで決めた。前走後もCWで長め6F追いを二本消化、最終追い切りは坂路1F・11秒9で弾むようにして登坂。馬体の張りがさらに増し気合のりも満点だ。

 サンマルティンとの叩き合いが第一本線。激しい気性に悩んだ時期もあったが、むらさき賞の走破タイムは1分46秒6。11秒1-11秒0-11秒5(3Fは33秒6)という流れを、33秒3でひと押し、数字面も重賞に近づいた。滞在効果も顕著。小倉での最終追い切りは、ブレがなく地に足のついた動きだった。

 一角崩しがあればバンドワゴン。新馬・エリカ賞を連勝し、きさらぎ賞2着でクラシックの有力候補にも挙げられた逸材。戦法は逃げるか追い込むか。差しに回ると鳴尾記念のようなポカもあるが、小倉記念を知り尽くした和田なら、たぶん今回は強気の先行策を選ぶし、スンナリ先手ならバテない。

 ヴォージュの流れ込みも再考。七夕賞は1000m通過が58秒0。あの激流を深追いしては息がもたない。たぶん今度は、流れは真逆?七夕賞6着のタツゴウゲキも、デムーロが静かに指をくわえて見ているハズはない。昨年の2着馬ベルーフの、ホワイトの直一気を連穴に警戒。

いいね!

いいね!:52