スマートフォン版へ

阪神JF

12/10(日) 阪神 芝1600 サラ2歳オープン (国際)牝(指定)馬齢

netkeiba関西本紙の予想

◎ 8番 トーセンブレス
○ 4番 マウレア
▲ 2番 ラテュロス
☆ 18番 ロックディスタウン
△ 7番 リリーノーブル
△ 12番 ソシアルクラブ
△ 16番 モルトアレグロ

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 8
相手| 2, 4, 7, 12, 16, 18
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 8
2着 | 4
相手| 2, 7, 12, 16, 18
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 8
2着 | 2
相手| 4, 7, 12, 16, 18
30通り 各100円

コメント

【混戦模様】本命は8トーセンブレス。前走のアルテミスSは1番人気に支持されたものの6着と敗退。人気に応えられなかったという点で、多くのファンをガッカリさせた。しかし、その基盤となったのは強烈な印象を残した新馬戦の勝ちっぷり。左回りから右回りに、ルメール騎手から柴田善騎手へと2つも、新馬戦の環境に戻るのであれば、前走に目を瞑ることも可能な選択。前走、人気を裏切って負けた馬が、本番で戴冠するのが今秋のトレンドなら、そのイメージが当てはまるのは、この馬しかいない。

 4マウレアは一転、勝ちっぷりは地味ながら、追えば追うだけ伸びるタイプ。先週のシクラメン賞でオブセッションが阪神で楽勝したが、その馬のデビュー戦は荒れた東京を僅差で勝利。今秋の東京は馬場が異質で勝ちさえすれば、着差は考えない方が良いという結論。出遅れて馬群に突っ込み直線抜け出す前走のような競馬の仕方を見ても、鞍上はかなり自信をもっているはずだ。

 本命、対抗と偶然ながらディープインパクト産駒になってしまったので、それならと単穴も2ラテュロス。阪神コースで実績があるのは、このメンバーだと大きな強み。先週の馬場を見ても内枠の利が大きいとみる。

いいね!

いいね!:46