スマートフォン版へ

3歳上500万下

07/15(土) 中京 ダ1200 [指定]定量

丹下日出夫の予想

◎ 2番 ゼットパール
○ 11番 ナムラムート
▲ 4番 メイショウミズカゼ
☆ 15番 リッカクロフネ
△ 7番 パルトネール
△ 10番 テイエムアニマンテ
△ 14番 ショウサングランド

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 2
相手| 4, 7, 10, 11, 14, 15
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 2
2着 | 11
相手| 4, 7, 10, 14, 15
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 2
2着 | 4
相手| 7, 10, 11, 14, 15
30通り 各100円

コメント

【スタートがカギ】ゼットパールのスピードが上とみた。チークピーシーズ効果もあったか。前回はダッシュよくハナを切り、1000m通過・59秒0というミドルペースもスイスイ、時計差なしの2着に粘った。二走前の1分12秒5は、古馬500万と僅差。この記録も勝ち負けの拠り所のひとつになる。川須騎手は戦法の「型」を作ってあげると、それを順守するタイプだけに、組み立てもわかりやすい。

 二の筆頭はナムラムート。新馬2着のタイムは上々、二戦目の1分11秒2は、同日の古馬500万と0秒3差だった。稽古時計は元々地味、最後まで粘り強く追う和田騎手とも、いいコンビになりそうだ。

 メイショウミズカゼは良馬場で1分12秒4、上がりは36秒2。時計の精度でいえば、このメンバーでは前回時計は一番内容が濃い。ただ、阪神はギリギリ3着に間に合ったが、スパイラルコースの中京は追い込み届かずが怖い。リッカクロフネも前走タイムは1分11秒0と優秀、ただし馬体が減り過ぎ?時計更新が課題になるが、パルトネールの前走の末脚鮮やか。ショウサングランド、テイエムアニマンテなど、連下は小波乱。

いいね!

いいね!:79