スマートフォン版へ

フラワーC

03/20(月) 中山 芝1800 サラ3歳オープン (国際)牝(特指)別定

丹下日出夫の予想

◎ 12番 ファンディーナ
○ 1番 ディーパワンサ
▲ 5番 デアレガーロ
☆ 10番 ハナレイムーン
△ 3番 モリトシラユリ
△ 4番 サンティール
△ 7番 トーホウアイレス

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 12
相手| 1, 3, 4, 5, 7, 10
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 1
相手| 3, 4, 5, 7, 10
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 12
2着 | 5
相手| 1, 3, 4, 7, 10
30通り 各100円

コメント

【並ではない】ファンディーナは、相当懐が深い。新馬戦は、11秒9-11秒0-11秒4を馬なりで大楽勝。つばき賞は、折り合いを教えるべくポジションは好位。ただ、1000m通過は64秒1という超スロー。ハナを切った逃げ馬に絶好の展開となり、実際レースの上がり2Fは10秒7-11秒0(3Fは33秒9)。この超Sラップを33秒0で差し切り勝ちは、どう見ても並みの牝馬ではない。年明けデビュー馬だけに、パドックでも幼さ丸出し。今回は輸送も課題となるが、510キロの女丈夫。摩耗云々より、さらなるスケールアップのほうを期待したい。

 次位はディーパワンサ。近年屈指の3歳牝馬世代の中で、阪神JF4着は胸を張っていい。デアレガーロは、時計更新や馬体の造り等、短期間で一気にトップレベルに追いつこうとしている。

 ハナレイムーンは、いずれは重賞を望める切れ者マイラーだが、馬体と相談しながらの春。コーナー4つの右回りは初めてだけに、直線勝負に徹しての金星狙いか。トーホウアイレスは、サフラン賞時の468キロが理想。サンティールは京成杯が0秒4差。今度は牝馬同士、相手がグンと楽になった。

いいね!

いいね!:119