スプリングS

03/19(日) 中山 芝1800 サラ3歳オープン (国際)牡・牝(指定)馬齢

丹下日出夫の予想

◎ 8番 アウトライアーズ
○ 9番 サトノアレス
▲ 10番 ウインブライト
☆ 11番 トリコロールブルー
△ 5番 エトルディーニュ
△ 6番 モンドキャンノ
△ 7番 プラチナヴォイス

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 8
相手| 5, 6, 7, 9, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 8
2着 | 9
相手| 5, 6, 7, 10, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 8
2着 | 10
相手| 5, 6, 7, 9, 11
30通り 各100円

コメント

【確変まっただ中】アウトライアーズの決め手を重視。ずっしりと胸前厚く、脚も長めのヴィクトワールピサ産駒だけに、個人的には9-10Fの距離が合うと思っていたが、百日草特別はスローに我慢が効かず前半は掛かり気味。それでも11秒8-11秒0-11秒1というレースラップ(3Fは33秒9)に対し、33秒5の上がりで際どい3着に入線。上がり2F内には推定10秒台の数値も内包、このラップで駆けて負けたのなら、先着した2頭を褒めるしかない(実際勝者アドマイヤミヤビも2着のカデナもその後は重賞を快勝している)。

 次走のひいらぎ賞は折り合いのつきやすいマイル。前半1000m通過・59秒1というミドルラップを踏み、坂上からも脚色は衰えず。1分34秒8・上がり34秒5という記録も、2歳暮れとすればかなり質が高い。ちなみに三走前中山2000mで豪快な外一気も決めており、距離1800mの目途は立っている。

 サトノアレスとのマクり合いが第一本線。ベゴニア賞の上がり33秒8という強靭な末脚を、うまくバトンタッチする形で、朝日杯FSを一気差し。1分35秒4という走破タイムは正直モノ足りないが、勝者サトノのレース運びと決め手は他とは別格だった。こちらも中山1800mは三走前に経験済みだ。

 ウインブライトも、ひいらぎ賞2着をステップに、若竹賞を上がり34秒7で悠々の楽勝。今急激に力をつけており、上位2頭に迫る勢い。トリコロールブルーも、あちこちに若さを残しながら、フリージア賞を33秒9で差し切り勝ち。まだ新味も残しているエトルディーニュは、共同通信杯も1分47秒9という好タイムで2着、地力強化を確かなものとした。モンドキャンノは、ベースはマイラー。ただ、工夫次第で中山1800mなら朝日杯FS同様、連下圏内。

いいね!

いいね!:12