中山金杯

01/05(木) 中山 芝2000 サラ4歳上オープン (国際)[指定]ハンデ

山崎エリカの予想

◎ 1番 シャイニープリンス
○ 7番 ドレッドノータス
▲ 8番 マイネルフロスト
△ 2番 クラリティスカイ
△ 3番 ツクバアズマオー
△ 6番 ダノンメジャー
△ 10番 ストロングタイタン

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬連(流し)  軸1 | 1
相手| 7, 8
2通り 各2500円
馬連(流し)  軸1 | 1
相手| 3, 10
2通り 各2000円
馬連(流し)  軸1 | 1
相手| 2, 6
2通り 各500円

コメント

 中山金杯が行われる中山芝2000mは、4コーナー過ぎからスタートして、ゴール手前から1、2コーナーの中間地点まで坂を上って行くため、逃げ馬不在の場合には、序盤はスローペースになることが多いレースです。しかし、上級条件になると2コーナーから向こう正面にかけての下り坂(4F目)でペースが上がることもしばしば。4F目で一旦ペースが上がって、4コーナーから最後の直線にかけてのラスト2、3F目でもう一度ペースが上がる、とてもトリッキーなコース。

 つまり、逃げ、先行馬が消耗しやすく、基本的には差し馬が有利。また、内々で脚をタメることの出来る馬が有利です。逃げ馬がどこまで飛ばすかにもよりますが、中山金杯の週からCコース使用ということもあり、基本的には外枠の馬よりも内枠の馬が有利でしょう。

 よって、◎には6走前の福島民報杯では、後に連勝街道を進むヤングマンパワーに3馬身差をつける圧勝を飾ったシャイニープリンスを推します。続く新潟大賞典でも3着と健闘したように、芝2000mでは重賞を勝利して当然の力量を持っている馬です。前走のディセンバーSでは、好位から伸びて3着と復調気配を感じさせる走り。斤量も他の馬よりも重く、直線では追い出してから進路が狭くなり、スムーズさを欠いていたことを考えれば負けて強しの内容でした。今回は、距離ロスなく立ち回れる1番枠。この馬のもともとの能力を出し切れれば、勝ち負けになるでしょう。

 ○は、デビューから2連勝で京都2歳Sを勝利したドレッドノータス。前々走のアンドロメダSでは休養明けながら2着入線し、着実な成長をアピール。前走の大敗はダートで度外視できます。芝で反撃を期待。

 ▲は、前々走のアンドロメダSでは緩みない流れを勝ちに行く競馬で3着と強い内容のマイネルフロスト。昨年の中山金杯は珍しく純粋なスローペースで、展開に恵まれたとはいえ2着、3歳時の日本ダービーでは3着しているように実績上位と言える存在。前走のディセンバーSは、勝ちに行く競馬で最後に止まってしまったが、リズムよく走れれば反撃できる能力は当然、持っています。

 ※京都金杯のほうが自信があります。そちらは厳選予想『ウマい!馬券』にてご確認ください<(_ _*)>。

いいね!

いいね!:48