スマートフォン版へ

3歳上500万下

10/07(土) 東京 芝1800 牝[指定]定量

丹下日出夫の予想

◎ 7番 アドヴェントス
○ 10番 サンティール
▲ 17番 ミネット
☆ 1番 オンリートゥモロー
△ 2番 クィーンビー
△ 5番 ムーンザムーン
△ 15番 ジッパーレーン

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 7
相手| 1, 2, 5, 10, 15, 17
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 7
2着 | 10
相手| 1, 2, 5, 15, 17
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 7
2着 | 17
相手| 1, 2, 5, 10, 15
30通り 各100円

コメント

【オークス馬の妹】アドヴェントスは東京9-10Fで2勝、オークス馬トールポピーの妹だ。前回の札幌戦はコーナー4つの小回り。中団内で脚をため手ごたえも上々。しかし、さあこれからというところで前が塞がってしまった。名手モレイラでも、あんなことがあるのかなぁ?――いや、騎手のせいというより、不器用さが原因だろう。東京は[2100]、3戦とも上り33秒台をマーク。1000万条件のテレビ山梨杯2着もある降級馬、ここで勝ち抜けが濃厚だ。

 当面の目標はサンティール。春は牡馬相手の重賞・京成杯やフラワーCにアタックしたり、強いメンバーと戦ってきたが、自己条件二戦目の前走がクビ・クビ差の3着。2分0秒5というタイムは、新潟2000mにしてはやや平凡だが、33秒3という上りは使えている。ミネットは、旧1000万。叩き良化、前走の末脚に復調気配がうかがえた。鞍上にルメールを迎え、一発の気配を漂わせている。

 オンリートゥモローも、新馬戦をスパリと突き抜けたときは、桜花賞も思い描いた良血馬。ただ、気性が激しく返し馬まで見ないと心配な惑星。クィーンビーも上位争い。前走はプラス16キロと増量、横山典がしっかりとタメを教えた。ジッパーレーンは、自己条件に戻るが、まだ芯ができ切れていない。

いいね!

いいね!:13