スマートフォン版へ

サウジアラビアRC

10/07(土) 東京 芝1600 サラ2歳オープン (国際)(特指)馬齢

丹下日出夫の予想

◎ 16番 ステルヴィオ
○ 2番 ダノンプレミアム
▲ 3番 シュバルツボンバー
☆ 6番 ダブルシャープ
△ 9番 コスモインザハート
△ 14番 テンクウ
△ 17番 スワーヴエドワード

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 16
相手| 2, 3, 6, 9, 14, 17
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 2
相手| 3, 6, 9, 14, 17
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 16
2着 | 3
相手| 2, 6, 9, 14, 17
30通り 各100円

コメント

【マイル重賞をけん引]ステルヴィオは、父ロードカナロアのイメージそのまま。来春のNHKマイルCまで、世代マイル戦の軸になる。前走のコスモス賞は距離1800m、洋芝でしかも重馬場。道営馬の思わぬ奮闘にあい、着差はクビ。ただし直線まであわてず騒がず。ノーステッキで、馬任せに最後はきっちりととらえきった。もとより東京マイルの新馬戦は、5F通過・1分0秒3のスローを中団前めで折り合い、11秒5-11秒4-11秒6(3Fは34秒5)というレースの上がりに対し、自身のソレは34秒2。1分34秒8という走破タイムは、同週の古馬500万と0秒2差。坂コースの東京で、2歳夏に1分34秒台という記録は、ちょっとした衝撃だった。ちなみにサウジアラビアRCの過去二年の優勝タイムは1分34秒2-5。初陣の時計そのままで、勝ち負けの計算式が成立する。父はロードカナロア、血統的にも、みなの想像通りマイルがベスト。本命を打ち破るとすれば、シンプルにそれ以上の能力があるか否か。

 ダノンプレミアムは、やや重というタフな条件下で、見るゝ間に後続を0秒7とチギる圧勝。最後は手綱を抑える余裕で、新馬戦を1分48秒7の好タイムでゴールに飛び込んできた。質の高い調教時計も、ディープインパクト産駒の好素材であることを示している。両頭に割って入ればシュバルツボンバー。坂コースの中京・1分34秒2というレコードは、そのまま東京マイルに通じる扱いでいい。

 道営馬ダブルシャープは、クローバー賞勝ちに続き、札幌2歳Sも最速の上りで3着に猛追。北海道から東京は遠く、当日の体重チェックが必要になるが、坂路調教を取り入れてから道営馬はたくましくなっている。まだいろんな幼さや若さが残るが、テンクウは新潟2歳Sで上り32秒6の脚を使えた。コスモインザハートはジリ脚か切れ者か。今回が見極め時になる。

いいね!

いいね!:17