スマートフォン版へ

関屋記念

08/13(日) 新潟 芝1600 サラ3歳上オープン (国際)(特指)別定

丹下日出夫の予想

◎ 6番 メートルダール
○ 12番 ブラックムーン
▲ 14番 ロードクエスト
☆ 16番 ウキヨノカゼ
△ 3番 マルターズアポジー
△ 11番 ヤングマンパワー
△ 15番 ウインガニオン

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 6
相手| 3, 11, 12, 14, 15, 16
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 12
相手| 3, 11, 14, 15, 16
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 6
2着 | 14
相手| 3, 11, 12, 15, 16
30通り 各100円

コメント

【メートルは上がる一方】マイル路線にメートルダールが新展開。3歳春は京成杯・共同通信杯を3着し、クラシック路線にも乗った好素材。成長を促しつつ、距離適性や力関係を試してきたが、昨年東京2000mの精進湖特別の、上がり33秒2の脚を見た時だったか。この脚と器は、やっぱりオープンだな。

 本年1勝目の東京10FのアメジストSでは、1分58秒3に時計を短縮。新潟大賞典は内二頭に差し返され3着に敗れてしまったが、その原因は何なのか。もしかしたら距離が長い?――その反省と同時にマイル適性も見据え、1600mの多摩川Sを試してみたが、1000m通過は1分1秒3という超スローの上がり勝負にしろ、58キロを背負い、ラスト4F標識から11秒8にペースアップ。10秒6-10秒8-11秒6(3Fは33秒0)という高速ラップを直線先頭策から押し切って見せた。新潟マイルの関屋記念は、スローかHペースか。年によって流れは異なるものの、緩ペースなら多摩川Sのような10秒台の連続ラップの積極策がとれる。Hペースとあれば、アメジストSのような直線勝負だって、デムーロは手の内に入っている。重賞仕様に中間の攻め馬も熱心、肩や胸、トモ回りの肉も前走より厚みが増している。

 ブラックムーンとの差し比べが第一本線。二走前の米子Sは、特殊な高速馬場ゆえ、1分31秒9のレコードを過信しすぎてはいけない。ただ1000m通過は58秒5-1400m通過・1分20秒3という平均よりのスローで流れ、レースの上がりは10秒7-11秒1-11秒6(3Fは33秒4)。57キロの斤量を背負い、自身の上がりは32秒4と、切れ味は極上。中京記念は、発表は良馬場だったが、日中後半から外を回した馬は壊滅状態。先行勢、そしてインコース絶対有利の馬場。外目15番とあれば、ロスを承知で一旦後方に下げ、泣きたくなるような思いでイン強襲に賭けるしかなかった。今度は新潟、たとえひと雨きても、中京と新潟は上がりラップの質が異なる。川田とのコンビは〔1011〕、末脚温存・直線勝負に賭ければ、巻き返しは十分ある。

 新潟マイルの決め手比べなら、ロードクエストも大幅なジャンプアップがあっていい。自身の最高のパフォーマンスは、二年前の新潟2歳Sの直一気。上がり32秒8で、後続を0秒7差と突き放した当該マイルの戦績が起点。前走のパラダイスSは9頭立て。先行勢と後続勢と、二つ別のレースをしているような、スローペースに翻弄されたが、新潟マイルは良くも悪くも腹を括って上がり3F勝負に徹し切れる。ローテーション的にも狙いはここだ。

 惑星はウキヨノカゼ。ヴィクトリアマイルは1000m通過1分0秒1のスロー。各馬のマークは外めのミッキークイーンに集中。ミッキーをマークしていたウキヨノカゼも、外へ外へと振られ、なし崩しに末を失ってしまった。しかし、新潟マイルの決め手勝負は、まだ新味が残っている。中山のスプリンターズSを32秒8で3着に突入した切れ者。1200mの上がりが新潟マイルに当てはまるとは限らないものの、三振かホームランか。現地競馬・平坦なら一発長打があっていい。

 ヤングマンパワーは昨年の覇者。今年の安田記念は、直線横一線。坂コースのタフなミドルラップを、最初に仕掛けていった、このヤングマンから脱落してしまったが、新潟は〔1110〕。粘りもレース風景も前走とは違ってくる。ウインガニオンは、中京記念は自ら活路を求めてGIIIをもぎとった。もう展開に左右されるだけの夏馬ではない。

いいね!

いいね!:46