レパードS

08/06(日) 新潟 ダ1800 サラ3歳オープン (国際)(指定)馬齢

丹下日出夫の予想

◎ 5番 エピカリス
○ 12番 ハルクンノテソーロ
▲ 15番 タガノディグオ
☆ 14番 テンザワールド
△ 1番 タガノグルナ
△ 2番 ローズプリンスダム
△ 6番 スターストラック

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 5
相手| 1, 2, 6, 12, 14, 15
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 5
2着 | 12
相手| 1, 2, 6, 14, 15
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 5
2着 | 15
相手| 1, 2, 6, 12, 14
30通り 各100円

コメント

【結論は】注文を付けようと思えば、いくつもマイナス材料が出てくるが、エピカリスの資質を信頼。デビュー戦は昨夏の新潟。古馬500万に匹敵する好タイムで、もったままの馬なりで、後続を1秒チギる楽勝劇は、つい昨日のことのよう。2歳秋のプラタナス賞は1分37秒7(後続に1秒1差)。あのアジアエクスプレスを彷彿させる傑出した内容だったが、砂質の大きく異なる北海道2歳優駿も大楽勝。

 ヒヤシンスSも、慎重に運んだぶん、逃げ馬を交すのに幾分手間取ったが、軽くいなして4勝目を奪取。ドバイのUAEダービーも、ほんのわずか勝ちに行ったぶんのハナ差。能力は世界レベルでいいのかもしれない。ベルモントS取り消し明けになるし、造りは正直八分だろうか。それでも南W・81秒1-66秒4-38秒2-12秒6を馬なりで出せ、キチンとしたフォームで動けている。先行脚質の馬だけに、戦法に迷いも少ない。

 対抗はハルクンノテソーロ。軽い砂質の東京マイル実績と末脚は、速い上がりが求められるレパードSに連動する。青竜Sは重馬場で1分35秒4(上がりは35秒4)、ユニコーンSの良馬場・1分36秒6という記録があれば十分。出ようと思えば大井のJDDにも出走できたが、馬場適性を睨んで、目標をレパードSへ。追い込み脚質がネックだが、大野はあきらめず懸命に追ってくれる。

 三番手はタガノディグオ。同じ差し馬でもハルクンは瞬発力、こちらはパワー型。タイプは異なるものの、3月の阪神・500万圧勝を契機に、常に全力を振り絞るファイターになった。ただ、エピカリスのルメールは、今回は慎重に大事に乗る。スンナリ先手の逃げ馬もしくは先行馬をかわいがり、ペースはスロー寄り。

 左回りの中京・濃尾特別で古馬に先行勝ちした、岩田のテンザワールドの流れ込み。スターストラックは、やや余裕のある造りで檜山特別を快勝。ここ勝負と思えばさらに前々で強気に行く。タガノグルナは、ハナを叩いた二戦はともに楽勝。前走時計は1分49秒6、軽いダートも合っている。

いいね!

いいね!:14