スマートフォン版へ

3歳上500万下

07/15(土) 福島 芝1800 [指定]定量

丹下日出夫の予想

◎ 4番 ネームユアポイズン
○ 8番 エスティーム
▲ 1番 アピールバイオ
☆ 2番 ラッシュアタック
△ 7番 シグネットリング
△ 12番 シャララ
△ 14番 プランスシャルマン

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 4
相手| 1, 2, 7, 8, 12, 14
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 8
相手| 1, 2, 7, 12, 14
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 1
相手| 2, 7, 8, 12, 14
30通り 各100円

コメント

【良馬場・右回り】ネームユアポイズンの将来性に注目。未勝利勝ちの中山のタイムは1分50秒7と、全体時計としては平凡。しかし、直線入り口では早くも先頭、競馬のスケールはなかなか大きい。新馬の上がり34秒2にも、素質の在り処が見え隠れ。まだ腰がパンとせず、夏木立賞は重馬場に脚を取られ、ふらついてしまったが、左回りに原因があるとするなら、右回りや平坦替りもプラス材料となる。

 当面の目標はエスティーム。道中突進したり、ブレーキをかけたり、まだ粗削りな面はあるものの、二走前の東京2000mが2分0秒7。南相馬特別も1800m通過・1分46秒8の上に立ち、走破タイムは1分59秒5。ラスト4Fから11秒台が3連続する、内容の濃い一戦だった。アピールバイオは、前走1000m通過・1分1秒2は緩いとみて、残り4Fから11秒3-11秒8-11秒5と自らも動いて行った。しかしラストは12秒2でジリジリ。終いが甘く、ハナを叩くことが条件になる。

 ラッシュアタックは、二走前当該1800mを1分48秒3。雄国沼特別3着のアピールバイオとは、時計はほぼ互角。馬券妙味ならプランスシャルマン。芙蓉Sを2着し、百日草特別勝ちから連対が遠のいているが、3F重点の稽古でひと工夫凝らした。芝適性が読めないが、シグネットリングは今デキはいい。シャララは5F通過・1分1秒3のスローでも、前走最後苦しくなってしまった。

いいね!

いいね!:49