スマートフォン版へ

安達太良S

07/15(土) 福島 ダ1700 サラ3歳上1600万下 混(特指)定量

丹下日出夫の予想

◎ 14番 クインズサターン
○ 8番 コスモカナディアン
▲ 5番 エネスク
☆ 6番 クラシックメタル
△ 2番 クロフネビームス
△ 11番 ジャッカスバーク
△ 12番 トゥルーウインド

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ)  1着 | 14
相手| 2, 5, 6, 8, 11, 12
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ) 的中 1着 | 14
2着 | 8
相手| 2, 5, 6, 11, 12
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 14
2着 | 5
相手| 2, 6, 8, 11, 12
30通り 各100円

コメント

【今夏の特注馬】クインズサターンは、この夏ジャンプアップが期待できる4歳馬。3歳春、GIIIのユニコーンSにチャレンジしたこともあったが(5着)、心身の調子や成長度合いをうかがいつつ、ジックリとローテを組んできた。現級の準オープンでも、三走前の錦秋Sで2着連対実績があり、東京1600ダート・1分34秒8という時計も出色だった。輸送競馬だとテンションが上がり気味になり、身体も細くなるタイプ。前日入厩はプラスとなるだろう。直線の長い東京は末脚勝負で結果を出してきたが、小回り1700ダートなら3コーナーからスパートしても終いは鈍らない。最終追い切りの栗東坂路は51秒9-37秒7-12秒2。今、馬は唸っている。

 対抗はコスモカナディアン。本年1月の招福Sで準オープンを突破し、川崎記念3着、仁川S2着とオープンでも好勝負を演じた降級馬。短期放牧でリフレッシュをはかり疲れもとれたか。福島・函館・札幌で1700ダートも経験済み、脚質も自在だ。エネスクも降級の恩恵を受ける一頭。頭の高い走法はちょっと特殊。ジョッキーが指示しても反応がワンテンポ遅れる時もあるが、砂を被っても追えばあきらめずに頑張る。スタート次第では、先行差しという組み立ても可能だ。

 クラシックメタルは、中山の下総S2着、阪神の灘Sも二番手追走からクビ差2着に踏ん張った。ここにきて去勢効果が結果として現れ、ムラが少なくなった。あと0秒5程度の時計短縮がカギになるが、猪苗代特別を快勝したトゥルーウインドの勢い。クロフネビームスは、夏のこの時期から上昇モードに入る、クロフネ産駒の芦毛だ。

いいね!

いいね!:49