エルムS

08/13(日) 札幌 ダ1700 サラ3歳上オープン (国際)(指定)別定

丹下日出夫の予想

◎ 4番 テイエムジンソク
○ 9番 ピオネロ
▲ 10番 モンドクラッセ
☆ 5番 オヤコダカ
△ 1番 コスモカナディアン
△ 2番 ロンドンタウン
△ 11番 クリノスターオー

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
馬単(1着流しマルチ) 的中 1着 | 4
相手| 1, 2, 5, 9, 10, 11
12通り 各300円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 9
相手| 1, 2, 5, 10, 11
30通り 各100円
3連単(1着2着流しマルチ)  1着 | 4
2着 | 10
相手| 1, 2, 5, 9, 11
30通り 各100円

コメント

【本格化迅速】テイエムジンソクが唸っている。滞在競馬の平坦1700ダートの舞台で、レース内容が一変する御当地馬というのが、毎年現れるが、本馬は大沼Sを1分42秒8で大楽勝。1000m通過・59秒0というHペースに恵まれたことも確かだが、12秒5-12秒6-12秒3(3Fは37秒4)という、芝に換算すれば11秒台の速い連続ラップを36秒9で後続に0秒7差。

 続くマリーンSは、一転逃げ。1000m通過・59秒7というミドルラップを自らがコントロール、12秒3-12秒3-12秒6という好ラップで、余力残しの1分42秒9で楽勝。テンションの上がりにくい滞在競馬なら、仕上げもレースもコントロールが効く。前二戦の時計と勢いを信頼だ。

 対抗はピオネロ。重賞戦線では、あと一歩踏み込み切れない、もどかしい競馬が続いているが、フラットコースの1700ダートが、蓋を開けてみれば条件最適というケースも考えられる。先手を主張する馬がけっこう揃い、適度に流れは速い。ルメールの手綱捌きも当然参考材料になる。やや流れが読みにくいが、意外やペースは淡々。前々で競馬が運べば、当該コース〔3010〕の、モンドクラッセとの行った行った。

 惑星は道営のオヤコダカ。昨年の勝者リッカルドの中山の1800mの勝ち時計は1分53秒台だった。それを思えば、三走前の門別・1分53秒1(後続に0秒8差)という記録は、中央のオープンでも数字的には足りる。クリノスターオーは2014年のエルムSを1分41秒9で2着、昨年も2着に踏ん張った。前崩れならロンドンタウン、コスモカナディアンのチョイ差しもある。

いいね!

いいね!:9