シンザン記念

01/08(日) 京都 芝1600 サラ3歳オープン (国際)(特指)別定

奥田隆一郎の予想

◎ 7番 ジェンティルドンナ
○ 11番 トウケイヘイロー
▲ 9番 オリービン
△ 2番 タイセイシュバリエ
△ 3番 マイネルアトラクト
△ 4番 ピュアソウル
△ 6番 プレミアムブルー

券種・買い方 組み合わせ・点数・購入金額
3連単(フォーメーション) 的中 1 | 7, 9, 11
2 | 2, 3, 4, 6, 7, 9, 11
3 | 2, 3, 4, 6, 7, 9, 11
90通り 各100円

コメント

 ◎ジェンティルドンナは、直結コースの阪神マイルにて未勝利を圧勝した。格上挑戦になるが、昨年のシンザン記念の勝ち馬(レッドデイヴィス)は1勝馬であり、この時期の3歳戦にキャリアは重要でない。未勝利のレース内容の良さから、重賞でも好勝負できる。

 ○トウケイヘイローは、直結コースの中山マイルで朝日杯FSを4着好走した。朝日杯FSは4着なので激走とまでいわないが、G1レースなので評価したい。一昨年の勝ち馬(ガルボ)は朝日杯FSの4着馬であり、そのレベルにあればシンザン記念は勝てる。

 ▲オリービンはデビュー5戦すべて3着以内で、この馬も直結コースの阪神マイルを勝っている。その安定感から、勝ち負けというよりも馬券圏内の可能性が高い馬として注目する。

 △タイセイシュバリエは、直結コースの京都芝1600m内で未勝利を勝ち上がった。直線に坂のある阪神よりも京都に向いてそうなので、大駆けを期待する。

 △ピュアソウルも京都芝1600m内で未勝利を勝利。京都芝コースを2戦して、いずれも上がり最速で激走している。今回は外回りのマイル戦で、末脚に期待したい。

 △プレミアムブルーは、直結コースの京都芝1800mにて黄菊賞を連対した。新馬と黄菊賞では、京都芝コースで逃げ・先行して激走しており、先行有利な流れになれば粘り込みを図れる。

いいね!

いいね!:408