スマートフォン版へ

石橋武

Ishibashi Takeshi 「単勝二頭流馬券術」を編み出した孤高の男
売れ筋
26
回収率
---%
的中率
---%

※直近1ヶ月の成績

プロフィール

1964年、東京生まれ。2012年12月、「単勝二頭流」(東邦出版・発行)で、競馬本作家としてデビューした。パチンコからパチスロ、麻雀、競馬、競艇、競輪、果ては株や先物取引、FXまで手広く手がける根っからのギャンブラー。一時期、競馬から遠ざかったこともあったが、3連単の発売を機に復帰。現在は、最も儲かるという競馬を主戦場に選んでいる。独自の理論「単勝二頭流」の構築後も、さらなる飛躍を目指して切磋琢磨する日々。最新情報は公式ブログ『単勝二頭流』をご覧ください。

【「単勝二頭流」とは】
穴馬の単勝と人気サイドの単勝の両方を購入(単勝2点買い)することにより、高い信頼度を保ちながら、大儲けを狙う馬券術。競馬で儲けるためには、馬券を獲ったときに大きく勝つ必要があるが、この馬券術の穴馬条件にそって人気薄の単勝を買うと、回収率が飛躍的に向上する。その反対に、競馬を長く続けるためには資金を回す必要もあるが、人気サイドの単勝を押さえているので、堅いレースにも対応できる。さらに「単勝二頭流」の奥義を会得すると、それを活用して3連単馬券を獲ることも可能。3連単2頭軸で高配当馬券を狙えるため、3連単派の競馬ファンにも、この馬券術が大いに役立つのである。

この予想家は中央競馬の予想も提供しています。

中央競馬の予想をみる