スマートフォン版へ

棟広良隆の予想

12R

JBCレディスクラシック

11月4日(日) 16:25 京都 ダ1800m
予想印
16アンジュデジール(6人気)
4ラビットラン(1人気)
3クイーンマンボ(2人気)
2フォンターナリーリ(3人気)
1アイアンテーラー(7人気)
15ファッショニスタ(5人気)
10プリンシアコメータ(4人気)
レース結果
着順 馬番 馬名 人気(単勝オッズ)
1 16 アンジュデジール 6人気(13.1倍)
2 4 ラビットラン 1人気(2.8倍)
3 15 ファッショニスタ 5人気(11.9倍)
4 3 クイーンマンボ 2人気(3.9倍)
5 13 アンデスクイーン 12人気(122.4倍)
6 8 ビスカリア 13人気(221.8倍)
7 2 フォンターナリーリ 3人気(6.2倍)
8 1 アイアンテーラー 7人気(15.6倍)
9 6 ジュエルクイーン 15人気(326.6倍)
10 10 プリンシアコメータ 4人気(7.2倍)
11 12 ブランシェクール 10人気(52.9倍)
12 9 サルサディオーネ 9人気(50.1倍)
13 11 リエノテソーロ 11人気(62.7倍)
14 5 ラインハート 14人気(321.7倍)
15 14 ディアマルコ 16人気(538.3倍)
16 7 カワキタエンカ 8人気(20.2倍)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連(流し)
16
相手
34
2通り 各1,000円 払い戻し 4-16:1,000円x20.9倍=20,900円
馬単(1着流し)
1着軸
16
相手
34
2通り 各300円 払い戻し 16-4:300円x58.9倍=17,670円
3連複(フォーメーション)
馬1
16
馬2
234
馬3
123479101115
21通り 各100円 払い戻し 4-15-16:100円x70.6倍=7,060円
3連複(フォーメーション)
馬1
16
馬2
34
馬3
12341015
9通り 各200円 払い戻し 4-15-16:200円x70.6倍=14,120円
3連複(フォーメーション)
馬1
16
馬2
34
馬3
234
3通り 各200円
3連複(フォーメーション)
馬1
16
馬2
34
馬3
34
1通り 各500円
3連単(フォーメーション)
1着
3
2着
16
3着
12479101115
8通り 各100円
3連単(フォーメーション)
1着
3
2着
12479101115
3着
16
8通り 各100円
3連単(フォーメーション)
1着
3
2着
16
3着
24
2通り 各100円
3連単(フォーメーション)
1着
3
2着
24
3着
16
2通り 各100円
3連単(フォーメーション)
1着
3
2着
416
3着
416
2通り 各200円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
59,750円 +49,750円

見解

展開面が大きなポイントに!!

16番アンジュデジール
前走のレディスプレリュードはスタートで大きな出遅れ。あれで終わってしまいました。マイルの距離がベストですが、4走前のエンプレス杯では二一の距離を克服。千八ならば問題ないでしょう。3歳春の500万以下クラスで東京マイルを1.35.8・「重」で勝っているだけに、軽いダートの時計勝負も問題ありません。スタートを決めさえすれば巻き返してくるでしょう。最後にゲートに入ることが出来る大外枠は好感が持てます。

4番ラビットラン
2走前からダートに矛先を戻されましたが、スパーキングレディーCは「良」では0.4秒差・<3>着でしたが、ブリーダーズゴールドCは「不良」は0.8秒差を付ける圧勝劇。軽いダートが向きます。それだけに、雨の影響がない馬場レベルでも京都は合っています。57キロを連続して背負っていただけに、55キロで出走が叶う利もあります。

3番クイーンマンボ
『放牧明けとあって気持ちが乗っていなかった。レースで走っていない分、使ったのダメージは残らなかった。今度は違う。』と陣営は、前走の1.5秒差・<7>着に終わったレディスプレリュードの敗因を振り返ります。ただ、それにしても、ちょっと走らなさ過ぎの印象はあります。3走前の平安Sはテイエムジンソク・グレイトパール・ミツバとG1でも通用する超強力な牡馬たちに先着しての0.1秒差・<2>着。これだけ走れば自然にアタマです。買うならアタマの馬券に妙味を感じます。

2番フォンターナリーリ
初重賞挑戦となった前走のブリーターズゴールドCでは1.8秒と大きな着差を付けられての<4>着に終わりましたが、今回は京都コースの相性に注目する価値があります。3−1−2−0と6戦して一度も馬券圏内を外していませんし、また2走前の東大路Sは1.51.1・「良」と上々の時計で勝っています。また、1000m通過が60.4秒という厳しい速めのペースでの勝利は、今回に繋がります。

15番ファッショニスタ
前走は初めてこの千八の距離を経験。僅かにクビ差だけアイアンテーラーを捉え切ることが出来ませんでしたが、1.50.4の走破時計は悪くありませんし、距離をこなしたと判断して良いでしょう。何よりアイアンテーラーとの人気の差を見るとこちらに妙味を感じます。



※掲載レース以外に関しては、全レース予想の公式HP【ムネヒロネット】をご参照下さい。