スマートフォン版へ

山崎エリカの予想

12R

3歳上1000万下

12月3日(日) 16:20 阪神 芝1200m
予想印
7ダイシンバルカン(2人気)
4ゲンパチケンシン(1人気)
6ネオフレグランス(5人気)
1マジックシャトル(6人気)
5ロイヤルメジャー(10人気)
10ヤマニンマンドール(8人気)
11キーナンバー(9人気)
レース結果
着順 馬券 馬名 人気(単勝オッズ)
1 8 パーリオミノル 4人気(7.5倍)
2 7 ダイシンバルカン 2人気(6.1倍)
3 2 スナークスカイ 7人気(19.1倍)
4 3 ヴァッフシュテルケ 11人気(43.4倍)
5 12 フジノパンサー 3人気(6.3倍)
6 5 ロイヤルメジャー 10人気(30.8倍)
7 6 ネオフレグランス 5人気(8.2倍)
8 9 レンイングランド 13人気(116.5倍)
9 11 キーナンバー 9人気(21.3倍)
10 10 ヤマニンマンドール 8人気(19.6倍)
11 4 ゲンパチケンシン 1人気(2.5倍)
12 13 ケンシュナウザー 12人気(48.4倍)
13 1 マジックシャトル 6人気(18.7倍)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
複勝(通常)
7
5,000円 払い戻し :5,000円x2.1倍=10,500円
馬連(流し)
7
相手
14611
4通り 各1,000円
馬連(通常)
710
700円
馬連(通常)
57
300円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
10,500円 +500円

山崎エリカの見解

阪神12R 1000万下 山崎の予想

 PP指数の各馬の(前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3で算出した『能力値』は、高い順にダイシンバルカン(11.7pt)、ヤマニンマンドール(11.3pt)、ヴァッフシュテルケ、ゲンパチケンシン(10.3pt)、マジックシャトル(9.7pt)。能力値は競走馬の能力と勢いを示すものであり、原則として本命馬は、能力値5位の中から選出するというスタイルで予想を行っています。

 よって、◎には、2歳時以来の芝のレースとなった4走前・驀進特別で勝ち馬と0.4秒差(6着)と好戦し、芝に慣れて地味ながらも上昇度を見せている(7)ダイシンバルカンを推します。前走は菊花賞当日で極枠馬場。さらにセレッソブランコがハイペースで逃げて前が超々苦しい流れになりましたが、先行策から直線でいったん先頭に立つ好内容。最後は差し馬に差されたものの、負けて強しでした。しかも、このパフォーマンスを連闘開けでやってのけたのだから大したもの。良馬場ならば、先行策から楽に突き抜けて来られるはず。

 〇は、デビューからこれまでに4度逃げて、パーフェクト連対の(4)ゲンパチケンシン。今回もハナを狙えるメンバー構成。さらに前走は、ハイラップを刻んで逃げ切りなど、ここへ来ての勢い確かで対抗評価としました。3歳馬だけに成長しているのでしょう。

 ▲は、前走の勝浦特別は、スタミナが不足する休養明けで勝ちに行く競馬をしたために13着と失速したものの、前々走ではこのクラスで0.1秒差(3着)と通用の目途を立てている(6)ネオフレグランス。この馬もまだ3歳馬だけに、伸びしろが見込めるでしょう。