スマートフォン版へ

井内利彰の予想

2017年11月12日(日) 福島11R福島記念(G3)

予想印
3ウインブライト(2人気)
16サンマルティン(1人気)
7フェルメッツァ(5人気)
8マイネルスフェーン(13人気)
12マイネルディーン(15人気)
2ベルーフ(11人気)
9ジョルジュサンク(除外)
11ツクバアズマオー(12人気)
13スズカデヴィアス(3人気)
14マサハヤドリーム(9人気)
15フルーキー(8人気)
レース結果
着順 馬券 馬名 人気(単勝オッズ)
1 3 ウインブライト 2人気(5.4倍)
2 13 スズカデヴィアス 3人気(7.6倍)
3 6 ヒストリカル 10人気(25.3倍)
4 12 マイネルディーン 15人気(146.2倍)
5 4 ショウナンバッハ 6人気(13.5倍)
6 7 フェルメッツァ 5人気(13倍)
7 5 ケイティープライド 14人気(74.3倍)
8 1 プリメラアスール 4人気(9.4倍)
9 2 ベルーフ 11人気(35.7倍)
10 10 マイネルミラノ 7人気(16.1倍)
11 14 マサハヤドリーム 9人気(19倍)
12 15 フルーキー 8人気(16.6倍)
13 8 マイネルスフェーン 13人気(62.6倍)
14 16 サンマルティン 1人気(2.6倍)
15 11 ツクバアズマオー 12人気(40.6倍)
9 ジョルジュサンク 除外
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
単勝(通常)
3
2,200円 払い戻し :2,200円x5.4倍=11,880円
馬連(流し)
3
相手
16
1通り 各600円
馬連(流し)
3
相手
7
1通り 各400円
馬連(流し)
3
相手
812
2通り 各300円
3連複(2軸流し)
軸1
3
軸2
16
相手
27891112131415
9通り 各300円
3連複(2軸流し)
軸1
3
軸2
7
相手
289111213141516
9通り 各200円
3連複(フォーメーション)
馬1
3
馬2
812
馬3
279111213141516
17通り 各100円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
12,580円
(返還対象:700円)
+2,580円

井内利彰の見解

16年の馬券圏内独占パターン

 2016年の福島記念。7番人気、1番人気、3番人気という決着でしたが、この3頭に共通する調教内容。それが最終追い切り場所南Wで4F54秒以下だったこと。そもそも秋開催福島芝2000mは最終追いトラック馬場で4F54秒以下が最適ですが、このレースに関しては場所が南Wがより最適。これを重視すると「さすがにわかっているなあ」と思えるマイネル軍団が浮上してきます。
 ◎ウインブライトは休み明けの毎日王冠が惜しいレース内容。調教内容は評価できたので、好走も納得ですが、本来は右回り小回りの中距離がベスト。それを最も理解しているのが陣営なのでしょう。馬なり仕上げだった前走から、今回はしっかり追って、標準トラックでの出走。ちなみに前走が軽目トラックでスプリングS1着時が標準トラック。勝てる調教タイプであることは間違いありません。もちろん最終追いは南Wで4F時計は52秒台、主観的にも3頭併せの大外を一気に差し切ってみせた動きは素晴らしいと思います。
 ○サンマルティンは休み明けで追い切りが3本、しかも大外枠と厳しい条件が揃いました。1番人気も予想されますが、凡走して全く不思議ない状況。ただし最終追い切りは南Wで4F時計が50秒を切りました。こういったタイプが2着に敗れるというケースがある重賞でもあります。
 ▲フェルメッツァは最終追い切り場所がCWなので、昨年独占パターンとは違います。ただトラック馬場で4F54秒以下には該当。しかもCWは松永幹夫厩舎の勝負調教。今週の最終追い切りが素晴らしい動きで、それを経た10日の調整を見ても、動きが素軽くなっています。
 △マイネルスフェーンと☆マイネルディーンは最終追い切りの内容がドンピシャ。前者は追い切り本数が少ない分どうかですが、後者は調教内容としては最高。人気薄の2頭だと思いますが、調教内容から3連複の軸としました。
 あとは3連複の3頭目。注ベルーフと注ツクバアズマオーは秋開催福島芝2000mに最適な最終追いに該当。注スズカデヴィアスと注マサハヤドリームは坂路のダブル最速に該当。注フルーキーはトラックのダブル最速で秋開催福島芝2000mに最適な最終追いに該当しています。あとは秋開催福島芝2000mに良績残す鮫島厩舎の注ジョルジュサンク。