スマートフォン版へ

nigeの予想

11R

菊花賞

10月22日(日) 15:40 京都 芝3000m
予想印
4クリンチャー(10人気)
12ミッキースワロー(3人気)
15ダンビュライト(4人気)
16アルアイン(2人気)
13キセキ(1人気)
9クリノヤマトノオー(16人気)
レース結果
着順 馬券 馬名 人気(単勝オッズ)
1 13 キセキ 1人気(4.5倍)
2 4 クリンチャー 10人気(30.9倍)
3 14 ポポカテペトル 13人気(44.2倍)
4 6 マイネルヴンシュ 11人気(31.5倍)
5 15 ダンビュライト 4人気(8.3倍)
6 12 ミッキースワロー 3人気(5.2倍)
7 16 アルアイン 2人気(4.9倍)
8 9 クリノヤマトノオー 16人気(69.6倍)
9 17 プラチナヴォイス 18人気(96.7倍)
10 11 サトノクロニクル 6人気(14.7倍)
11 8 サトノアーサー 5人気(14倍)
12 1 ブレスジャーニー 12人気(33.3倍)
13 10 ベストアプローチ 9人気(17.6倍)
14 3 スティッフェリオ 14人気(51.1倍)
15 5 トリコロールブルー 8人気(15.7倍)
16 2 ウインガナドル 7人気(14.7倍)
17 7 アダムバローズ 17人気(95.4倍)
18 18 マイスタイル 15人気(68.3倍)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
単勝(通常)
4
400円
馬連(流し)
4
相手
912131516
5通り 各100円 払い戻し 4-13:100円x106.6倍=10,660円
ワイド(通常)
412
500円
3連複(フォーメーション)
馬1
412
馬2
4912131516
馬3
4912131516
16通り 各100円
合計 3,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 収支
10,660円 +7,660円

nigeの見解

近走は敗因あり。条件替わりで一変期待の人気薄から勝負!

本命は、クリンチャー

前走は、スタートから出鞭を入れて出して行って3番手から追走。
隊列が決まるとペースがかなり落ちてスローペースで、3コーナーから進出して先頭に並びかけて直線へ。

ただそこから手応え怪しく、下がってしまい9着。

行きっぷりは悪かったし、直線もサッパリでいいところがなかったが、18kg増で明らかに次走を見据えた仕上げ。
それに加え、スローペースから33秒台の上がり勝負は、この馬には合わないので仕方ない。

ダービーも押したが前に行ききれずに、馬群の中で追走したらスローペースで外から被されて位置を悪くしてしまった、33秒の上がりに対応できず。

ここ2戦は、スローペースで33秒台の上がりがないと上位に来れなかったので、無理。


この馬は、瞬発力・トップスピードの速さがないが、前の位置で追走して、その位置で持続力を生かして粘って好走するタイプ。


勝ったすみれSは、小頭数だったがペースが流れてラスト3F11.8-11.9-12.3のレース。
これを、2番手追走から直線で後続に差を縮めさせずに4馬身差勝ち。

高速馬場だった皐月賞では、やや速めの一定ラップで流れて、ラスト4F11.9-11.4-11.4-11.7のレース。
これを、3コーナーから仕掛けて4コーナーで先頭に立ったが、直線で交わされたが最後まで粘って0.4秒差4着。

上がりがかかる、あまり緩急がつかない流れ(瞬発力・トップスピードが問われない条件)になると、かなりいい走りをしている。


今回は、雨の影響で上がりは確実にかかる。

また、京都なので3コーナーからペースが上がりロングスパート勝負になりやすい。

前の位置取りが取れるかも、3000mの長距離戦なら他馬も距離を気にするので、前の位置が取りやすく。
最初のコーナーでいい位置が取れなくても、3000mあるので道中動くことも出来る。

血統的にも、母父ブライアンズタイムで菊花賞向き。

ここは狙いたい条件が揃ったので、期待する。



対抗は、ミッキースワロー

前走は、あまり行き脚はよくなかったが、押して中団内から追走。
ペースが落ち着いた中盤で少しずつ位置を上げて、残り1000mでは好位の6番手。

4コーナーでちょっと仕掛けを遅らせてアルアインの外に出すと一気に交わして1.3/4馬身差完勝。

前半のペースは遅かったが、残り1000mからペースアップして、ラスト5F12.1-12.0-11.7-11.3-11.0と5F連続加速して行くラップ。

ワンテンポ仕掛けを遅らせていたが、相手が止まっていたわけではなく、自ら加速して差し切っているのだから強い。


結果を出さないと菊花賞がなかったので、勝負仕上げだったとは思うが、この内容なら状態が上がらずに維持できていたら十分勝てていいと感じる内容。

重い馬場の対応が課題になるが、血統的にも母父ジャングルポケットなので、プラスになる可能性すらある。

速い上がりを使っているが、瞬発力(トップスピードに入るまでの速さ)があるのではなく、トップスピードの速さをそのスピードを維持して差し切っているので、馬場の影響で上がり勝負にならないのは悪くない。

前走のインパクトが強かったのか、思ったより人気しているが、あっさり勝っても驚かない。



以下は、相手で

前走は、完全に速い上がりに対応できなかった負け方だったし、馬体的にも本番を見据えていた印象。
上がりのかかる馬場は歓迎で、超時計がかかっていた新馬戦、きさらぎ賞でいい脚を使っている。
血統的にも、父が実績・血統ともに重馬場巧者ルーラーシップのダンビュライト

前走は、ミッキースワローに完敗したが、33秒台の上がりなので言い訳はできる。
緩急が付かないペースが得意なので、京都変わり、上がりがかかる馬場魅力あるアルアイン

33秒台の上がり勝負で結果が良くなったので、重い馬場になるのは微妙。
ただ、休んで走りが変わったので、血統と成長前のすみれSの走りから時計のかかる馬場がダメとは言い切れないキセキ

1200mで勝ち上がったが、距離を伸ばして1800mで結果を出して、休んで成長を見せて連勝。
33秒台の上がりで連勝も、距離延長と時計がかなりかかる馬場で、父ジャングルポケットの血統は不気味なクリノヤマトノオー

まで。